相続税の対策は生前から

2015年の税制改革によって相続税が事実上引き上げられることになります。2015年以前には相続税を支払う必要があるのは全体の4%前後であったのですが、税制改正によって相続税を支払うべき人は相当数増えると考えられます。それは2015年の相続税の改正では基礎控除額が大幅に引き下げられたことが原因です。

2015年以前には相続税の基礎控除額は5000万円+1000万円×被相続人数であったものが、2015年以後には基礎控除額は3000万円+600万円×被相続人数になりました。例えば、被相続人が妻と子供二人と言う場合には2015年以前には5000万円+1000万円×3人で8000万円まで無税であったものが、2015年以後には3000万円+600万円×3人で4800万円までしか無税になりません。つまり2015年以前には無税であった人も2015年以降に相続をすると相続税がかかる可能性があることになります。

相続税を軽減させるためには生前から相続税対策をしておかなければなりません。なぜならば、亡くなってからでは相続税対策はほとんどできなくなってしまうからです。生前ならば相続税を軽減する対策を打つことができます。

相続税対策はまずは相続する予定の財産の正確な把握が絶対に必要になります。計算の結果、基礎控除額以内となれば相続税対策は必要ありませんが、基礎控除額以上の相続財産があれば早めの相続税対策をすべきなのです。

CHECK!!相続税計算についての記事を読む


査定前と査定時に気をつけたいこと

不動産売却を行うためにはまず業者と媒介契約を結ぶところから始めなければなりません。
その方法は3つあり、それぞれを『一般』『専任』『専属専任』と呼びます。

まずは一般から見ていきましょう。
一般媒介契約の場合は一度に多くの業者に査定の依頼をすることができます。さらには自分で不動産の買い手を探し出すことも可能です。

次に専任と専属専任です。
両者とも不動産売却の一連の流れを一つの業者に任せっきりにするもので、そのため一般のように複数の業者に依頼をすることはできません。
しかし専任の場合は専属専任とは事なり、自ら行動することで買い手を探し出すこともできます。

ではどの方法が最も売れやすいのでしょうか?
仲介手数料が発生するタイミングというのは、買い手が見つかって尚且つ不動産売却が確固たるものになった時です。
一般媒介契約の場合、買い手を見つけるまでの間、買い手を見つけるためにそれぞれの企業は他社に負けないように先に見つけようと競い合います。
しかしどれだけ経っても見つからなかったら、働いた分の時間が無駄となってしまいます。
だからこそ一般の場合は専任や専属専任とは違い契約をしにくく、売れにくい方法とも言えます。なので今は専任や専属専任が人気となっているのです。


査定前と査定時に気をつけたいこと

不動産やマンションを売却しようと思ったきっかけはなんでしょうか?
なぜ買い手を探しているのか、意外とこの部分が明確になっていない人が多いです。
今住んでいる状況ならいつまでに引越したいのか、次の住まいはどうするのか、査定時に業者の方に細かく伝えてみましょう。
そうすると業者の方に、「この方は売却するのに積極的なんだな」とわかってもらえることができます。
色々と自分で考え、行動している人には力を貸したくなりませんか?
業者の方だって同じです。
具体的なプランを伝えられると、印象も良くなります。
またマンションをリフォームして査定を依頼する人もいますが、わざわざリフォームしなくてもよいでしょう。
損をする可能性が高いです。
また不動産会社といっても様々な種類があり、何か一つを専門的に扱っているところもあれば、幅広い分野で活動している会社もあります。
どこに査定を依頼すると良いのか、自分の所有する不動産がどこに該当するのか、考えてみましょう。