マンションの売却にかかる税金

マンションの売却は商品の販売と同意義になるため、そこには税金がかかってくることになります。
課税対象ですが、マンション売却は譲渡による収入なので「譲渡所得」ということになり、他の一般的な所得(給与所得など)と分けて、所得税と住民税に課税されます。
では、実際のどのくらいかかってくるのでしょうか。
所得税の計算方法は、「収入金額-所得控除額×税率」です。
税率は課税所得の多さに比例しますが、売却の際の仲介手数料が所得控除に該当できます。
また、居住用財産(所有者本人が住む物件と敷地、又は所有者と別居中の家族が住む物件と敷地など)のマンションの売却なら3,000万円の特別控除の対象になっています。
このケースでは、売却金額が3,000万円以下なら課税の対象にはなりません。
しかし3,000万円以上ですと、売却価格から3,000万円を差し引いた金額分が課税対象になってきます。
いずれにしても条件に応じますが、税金の負担は少なくすむでしょう。